新盆・施食(施餓鬼) 法要
    日時: 令和元年8月3日(土)
           新盆法要         午前11時~
           法話・施食法要         午後 1時~
    場所: 大洞院 本堂
    受付: 寺務所

 新盆法要:故人が最初に迎える盆を特に新盆と呼び、手厚く霊を供養します。
 本堂に新盆を迎える方の家族・親族に参集いただき、法要を行います。本堂の施食檀に、新盆にあたる故人の白木位牌を置き、浄水や食物を供えて、盆幡(ぼんばた)を立てて法要を行います。
 新盆特別法要への出席は、略礼服の着用をおお願いしています。
 対象者には別途案内をいたします。
 また、新盆の位牌のある自宅には、住職が読経にお伺いしますので、よろしくお願いします。

 施食(施餓鬼)法要は、先祖・故人・縁者・広く無縁の諸精霊の供養と、参列の皆様の福徳延寿を願う法要です。次世代を担う家族とともに参加をお願いします。毎年8月第一土曜日に近隣(曹洞宗千葉県第2教区)寺院の協力をいただき執り行います。

新盆法要  午前11時~

平成30年 新盆法要

平成30年 新盆法要

施食法要  午後2時~

平成30年 施食会
 
平成30年 施食会
 
 

法話     午後1時~
 施食法要での法話は、曹洞宗総合研究センターの小杉瑞穂老師です。講師は、曹洞宗総合研修センターにて、若手僧侶の育成に携わり、現代における禅の普及方法を研究しております。カフェでの椅子坐禅や、ヨガとのコラボ坐禅などを実践し、坐禅の「つらい・厳しい・難しい」といったイメージを払拭し、やわらかく、おだやかな坐禅をより多くの方に体験してもらうために活動しています。

    法話 小杉 瑞穂 老師